ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
≪曹渓庵佐々木指月老師のこと≫ (8)

(8)指月の著作

 

 大正13年、空穂は文芸雑誌『国民文学』を創刊した。アメリカ在住の指月にも贈ると、指月は入会するといって、何人分にかにあたる会費と、原稿としての詩を送って来た。

 

 

 【私は指月の詩なるものを、初めて目にした。詩だけでなく、短歌一首でも、いやしくも作品と称しているものは、かつて見たことがなかったのである。したがって危惧の念を抱いて、あまりまずいと困るがなあと思って読んだのであったが、読み終わると驚嘆した。案外にも佳いものだったのである。一口に言うと、純粋な、詩情のゆたかな、一抹の哀感の伴ったものであった。殊に私を魅した点は、ゆったりと落ちついてはいるが、割り切ってはず、起伏緩急をもった連のつらね方であった。伏と言い緩というべき、遊びに類した連は、自然な、わざとでない連句をもちいていて、うまいなあと感心させ、読み返えさせるのであった。表現形式は当時流行していた七五調で、四行一連であった。指月がいつこのような表現技法を身につけたのか、私には見当もつかなかった。彼は生来歌好きであったと見え、それと口には出さなかったが、好んで歌人に接近していた。むろん歌誌歌集は読んでおり、労苦して自得したものと思われる。しかし、詩の連と連との続きの上に、信念を持った、落ちついての起伏・緩急は、私には指月独自のものに思われた。これは、よる所があるとすれば、禅書から暗示を得たのではないかと想像した】と空穂は評している。

 

 大正3年から6年までの3年間、絶えることなく続いた詩を、指月は集にするように空穂に依頼した。空穂は言われるままに一集として『郷愁』と題し、指月のその頃の生活を書いて、序として刊行した。読んでくれそうな人にはもれなく寄贈したが、寄贈先からの反響も聞くを得なかった。後年指月が再々度の帰国の折、古本屋で案外高い値がついた『郷愁』をみつけたという。古本屋の高い値というのが唯一の反響だったのであると記されている。

 

 

 また、再々度の帰国の折、空穂は“ぼくの書くもの稿料になりませんかねえ?なりそうだったら、周旋していただきたいものだが”との指月の依頼をうけた。貯金が乏しくなって不安を感じたためのことであった。空穂は村松梢風に紹介した。梢風は幸いにも、指月という人間にも、その随筆的作品にも、かなり興味を感じて、めぼしい編集者に紹介周施し、後援の労を惜しまなかったという。梢風の興味は、指月の精神的視野がひろく、またその感じてとらえている材料が、完全に指月独自のもので、清新で、みずみずしく、うぶなところにあったらしい。指月の随筆は、読者に受けるのもと認められ、毎月2・3の営業雑誌に連載された。それらは『弗の女人像』『アメリカ夜話』と題する単行本にもまとめられ刊行されたという。私は古い『国民文学』や、これらの著書を探してみたが、いまや手がかりさえも得られないのであった。

 

  閑徹(横浜支部

posted by ただいま禅の修行中 | 21:07 | 横浜支部 | comments(0) | - |
≪曹渓庵佐々木指月老師のこと≫ (1)

「指月(曹渓庵佐々木指月老師)がアメリカへ行ってさして時を経ない頃のことである。

評論家石垣綾子氏の『夫婦』と題する書の中に、石垣氏の居られた同じアパートの一室に、佐々木指月という男が、その仲間の一人と同居していて、その室には仏壇をもうけ、アパートの各室を歴訪して仏教の宣伝をしていた。 誰も相手にしないのみか、迷惑がり、軽蔑さえした。二人は居たたまれなくなり、どこかへ行ってしまったという一節があることを、一友人が空穂(*1)に告げたという。」

 

曹渓庵佐々木指月老師 1939年頃 ニューヨークにて
曹渓庵佐々木指月老師 1939年頃 ニューヨークにて

 

実は、今からおよそ30年前の人間禅機関紙『人間禅』137、138、139号に、岳南支部の大先輩である故斎藤是心さん(慈雲庵斎藤是心老居士:大正11年〜平成28年帰寂)の投稿された文章の一コマです。

悲哀感というか、悲壮感が感じられ、今でも、小生の心の底に残っております。

 

今回、もう一度、拝読し、ブログへ何回かに分け(抜粋して)、掲載したいと存じます。 

 

*1)窪田空穂氏【歌人、国文学者、日本芸術院会員:1877年(明治10年)〜1967年(昭和42年)】は、是心さんの尊敬しておられた短歌の先生です。

 

天城山隧道北側
天城山隧道北側

 

(1) まえがき

 私の尊敬する歌人窪田空穂の著作の中に『佐々木指月という人』と題する一篇がある。確か昭和39年頃の短歌雑誌に2回にわたって掲載されたものであるが、当時私は、両忘庵門下の師家としての曹渓庵佐々木指月老師の名を聞き及んでいたので、その著作にめぐりあえたことに、不思議な機縁を感じ、深い感銘を覚えたものである。そこには曹渓庵老師が、わが歌の師と仰ぐ空穂先生の紹介によって、両忘庵釈宗活老師に入門されたことが記されており、その出生からアメリカ布教の中途に於いて逝去するまでの一部始終が細かく記されていたからである。

 曹渓庵老師はどちらかといえば不遇の中から身を起こし、彫刻により生活の資を得ながら禅の道に入られ、やがて両忘庵老師に従って伝道のためアメリカに渡り、生涯の大半ともいうべき三十年間を北米ニュヨークで過ごされ、師の悲願であるアメリカ伝道の礎をきづかれた方である。

 【佐々木指月という名は、私には甚だ親しく、忘れがたい名となっているが、しかし我が国内では三・四の人を除いては、殆ど誰も知らない名であろう・・・・指月が禅門に入る以前からの交友として、現在生存している者は、ただ一人、八十一歳の私が残っているだけである。人間としての指月の輪郭だけなりともと思って、この一文を草した次第である。】と空穂先生は述べているが、これだけの言葉からも曹渓庵老師に寄せる空穂先生のあつい思いが窺え、二人の交流の深さが偲ばれるのである。

 空穂先生が愛情をこめて綴ったその文章から窺える曹渓庵佐々木指月老師の人間像を、極力空穂先生の文章を引用させて頂き、紹介しておきたいと思う次第である。

 空穂先生の文章は曹渓庵老師のアメリカ伝道のことから書きおこされ、迫力ある構成となっているが、私はその中から取捨して経時的な老師の人間像を辿ってみようと思う。

〜続く〜

  閑徹(横浜支部

 

posted by ただいま禅の修行中 | 20:29 | 横浜支部 | comments(0) | - |
横浜支部に入会して

私は、総持寺(曹洞宗)や、鎌倉の曹洞宗とテーラワーダ(小乗仏教)両方で修行をされた方の座禅会に参加しておりました。
多くの方が苦しみを抱える現代、私のような家族の突然の死がきっかけとなり仏教に興味を持つ者以外にも、幼少時の両親との確執や離別、思春期の人間関係の失敗などにより、成長した後も対人関係がうまく結べなかったり、怒り・自己嫌悪などの問題を抱え、それを解決するメソッドを求めて来ている方が多いと感じています。
皆さんそれぞれ宗教遍歴がある方も多く、主に下記のような場所です。

1)テーラワーダ(小乗仏教)系
アルボムッレスマナサーラ長老、ゴエンカさん、プラユキ ナラテボーさん、草薙龍瞬さんなど
2)チベット仏教系
ダライ ラマ法王、ヨンゲ ミンギュルリンポチェなど

3)マインドフルネス系

  ティックナットハン師、島田啓介さん(ゆとり家)など
4)非二元系
ラマナ マハルシやニサルガダッタ マハラジなど

上記の瞑想会などを経験した方や、今まで和の文化に余り触れる機会が無かった方が人間禅に来た場合、感じる違和感や敷居の高さには次のようなものがあると思います。

1)年齢層
人間禅は長年定着している方が多く年齢層が高いため、若い方は、少し遠慮してしまう・とっつき難い・仲間が出来にくいなど感じると思います。
私は小規模な横浜支部で支部長を始め閑徹さんや正徹さんなど何人もの方に当初より親しく声をかけて頂き、大変心強かったのを覚えています。また分からないことを気軽に聞ける同性の翠玉さんの声かけも大変助かりました。

2)禅は役に立たない(禅は無功徳)。
よく聞くフレーズでそうなのだとは思いますが、苦しみ救われたいと思って来ている新到者がこれを言われると、万事休すかと思います。
修行を通じ自分が変化し(閑徹さんは自分を覆っていた鎧が一枚一枚剥がれて行くよと教えて下さいました)、苦しみを手放して行けることを説明すべきだと思います。 

3)作法や礼儀が厳しい。
和の文化に親しんでいないと、不合理で窮屈なものと思われがちだと思います。
(時間をかけて細かい席順を決めているのに、びっくりしたことがあります。)
嗣法であるが故に伝統を重じていることや、相手を思いやる心や物事を進める上で効率的なメソッドとして理由があり定着したものであることなどを、是非分かって頂きたいと思います。

4)封建的に見える
老師に侍者がつくことや、老師のお考えが決定に大きな影響力を持つことなどを封建的と捉える方もいると思います。
禅をして行く上で老師をを敬い信頼することは当然且つ必要であること。
また実は組織としてはかなりしっかりした民主的な組織であることは、他の宗教法人とは一線を画すほどのものがあると思うので、そこが分かれば却って安心して頂けると思います。

5)仏像が無い。
お寺には必ず有るものなので、仏教から離れた亜流では無いかと誤解される場合もあると思います。
特にテーラワーダを経験された方は、お釈迦様を拝む機会が無いことに違和感があるかと思います。

6)飲酒について。
テーラワーダやチベット系もお酒は基本飲まないので、修行の場でお酒を飲むことに大変びっくりしました。

 在家の活動であるし、慣れてしまえば親しくなれる機会なのですが。

以上色々述べましたが、これから人間禅に馴染んで行く身でありながら、大変僭越なことを述べましたことをお許し下さい。

ただ新到として感じやすい点を挙げさせて頂きました。

また、現在感じている人間禅の魅力としては
・立派な道場を備えていること。
・しっかりした構成の民主的な組織であること。
・歴史と実績に裏打ちされた伝統的なメソッドを伝えていること。
等々沢山あります。


そしてこれは正直な感想ですが、特筆すべきは人間力のある方が多いと言う点です。
他の座禅会のサンガでも親しい友人はたくさん出来ましたが、迷っていたり苦しみから抜け出せず同じところをグルグル回っている方が多い様に感じました。
人間禅のサンガでは苦しみはあっても真っ直ぐ前を見て進んでいる方が多く、先輩や老師の方々には確かに自分とは違う風格、人間力を感じることができました。

前述した、「自分の鎧が一枚一枚剥がれて行く。」ことは、苦しみにがんじがらめになっている方たちにとり、大きな希望になると思います。
是非多くの方達にそこを感じ取るまで、参加して頂きたいと思っております。

最後に、今まで座禅(瞑想)会で苦しんでいる方が沢山いらっしゃること、けれどもいくら瞑想をしても心療内科にかかっても苦しみから逃れることができず、いわゆる瞑想難民と言われるような方が沢山いらっしゃることを見て来ました。
本来日本の伝統仏教は力強い「救う力」を持っていると思うのですが、その役割を果たそうとしているお寺さんは非常に少ないようです。

そんな中、人間禅が果たす役割は大きく、是非新到さんがここでなら私の苦しみが軽くなるかも知れないと、2回・3回と足を運びそれを実感するようになって頂きたいと心から願っております。

 

人間禅に出会うことにより、私の目の前に開かれた禅の世界。

そこで私はどうなって行き、どんなご縁に恵まれて行くのか? 少し緊張すると共に、ワクワクしています。

老師と先輩方のご鞭撻に感謝しつつ、筆を擱きます。

  合掌 眈勝横浜支部

posted by ただいま禅の修行中 | 22:45 | 横浜支部 | comments(0) | - |