ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 正しい目標を持てば楽しくなる〜小川忠太郎先生剣道話(56)〜 | TOP | 春の宴新婦の父の絶句かな 寶州|四季折々(12) >>
テレワークで集中できないonoff切り替えできない方には座禅がおすすめ

JUGEMテーマ:

 

緊急事態宣言が出されてから約50日。

ようやく解除されましたが、これからは働き方も変わってきそうです。

 

新型コロナウイルスの影響で働き方が変わると言われている中、テレワークに移行していく業種もあると言われています。

ただ、テレワークで集中できない、とか、やる気がでないという話を聞きました。

テレワーク100%になったら集中力がもっと必要だという話も聞きます。

今こそ座禅(数息観)を試してみるよい機会だと思います。

ということで、座禅の方法を載せている人間禅のホームページをご紹介します。

社会人のための坐禅(座禅)道場〔人間禅〕

 

座禅を試すといっても1回や2回で何かが変わるなんていう訳でなく、少しずつでも毎日続けることがよいのだと言われています。

 

座禅風景(於 擇木道場)

 

座禅をおすすめしたい理由は、集中力がつくからということももちろんありますが、それは座禅を続けた場合に期待できるのではないかと私は考えています。

集中力をつけることと座禅との関係性は老師(人間禅名誉総裁 葆光庵丸川春潭老師)の「道力(胆力)を付けるには」などを読んでいただければと思います。

テレワークで集中できないという場合、仕事前に座禅をすることによって、集中の前段階であるonoff切り替えがしやすくなると感じています。

仕事前にたとえ短時間でも座禅(数息観)をすることによって「これから仕事」という意識になりやすいです。

少なくとも私は意識を次のこと(たとえば仕事)に向けやすくなると感じています。

テレワークで集中できないとお思いの方、どうぞお試しあれ。

  合掌 翡翠(東京支部)

posted by ただいま禅の修行中 | 20:54 | 東京支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする