ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 当面は形(カタ)三昧の有り難さ! 〜形だけ会員歓迎中〜 | TOP | 穂先七竈と平小判草 >>
慈泉さん、その友達のSさんと食事する−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

私のブログが、このコーナーに相応しいのか悩むが、禅の修行者が日常、何を考え、どう行動しているかを日記風に書くのもありではないか、と自分に言い聞かせている。

長田の妙楽寺で毎月静座会をやるので、仲間集めの気持ちで食事に誘った。

日は前から決まっていたが、会ってから、どこにしましょうというので驚いた。

決まったのはゴルフ場のコースの中にあるガーデンレストラン「風舎」

神戸の街を眼下に見下ろす素敵なところ。

プレイ中に寄るところではない。

車でしか来れない不便なところだ。でもお客さんでいっぱい。

コロナ対策を、ここでも見た。

料理は美味しく値段もリーズナブル。

Sさんが仲間に入ってくれるかは別にして、また美味しい食事会を持ちたい。

 

木戸開善(神戸禅会

posted by ただいま禅の修行中 | 10:33 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
コメント
コメントする