ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 1兆ドルコーチを読む−瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | 山小屋の日常−瞬時・瞬時を切に生きる >>
山小屋の模様替え−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

6月は11月同様、模様替えの時だ。

毛布、シーツ、服、敷物の洗濯。

冷暖房機器の入れ替えをする。

30屬両さい山小屋で、よかった。

一人だと大変だ。

 



山小屋生活もコロナ以前に戻った。

今日の昼は、ガーデン・モリスで食事する。

月曜日は、いつものピザ屋に行く。

もう、どこにいてもルーティンの繰り返しだ。


神戸で禅を広めていく目標を持ちつつ、変わらない日常を丁寧に生きていきたい。

 

木戸開善(神戸禅会

posted by ただいま禅の修行中 | 12:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
コメント
コメントする