ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 山小屋の模様替え−瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | 旱梅雨割れ目に農夫佇みて 蓮舟|四季折々(14) >>
山小屋の日常−瞬時・瞬時を切に生きる

JUGEMテーマ:

 

亀岡・畑野でブログを書いていたら、焼酎を飲んだせいで、筋書きが違ってしまった。

寂れる町で交流に役立とうと頑張っている家族にエールを送りたいということだ。
 


今日行ったピザ屋も、店の少ない能勢で頑張っている。

お客さんが話に盛り上がっている。

こんな店を開きたいと移住を検討する人もあるようだ。

応援の気持ちで来ている。
 

山小屋は俗世から離れた一人切りの世界だ。

修行には、これ以上のところはないのに、俗世に顔出ししている。

明日は座るぞ。

 

木戸開善(神戸禅会

posted by ただいま禅の修行中 | 16:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
コメント
コメントする