ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 『ケチじょうず』を読む−瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | エクセルファイルをホームページやブログに埋め込みたい >>
明日もカイセイなり

人間禅中央支部の魁星です。


先月末から中央支部も徐々に活動が再開してきました。

静寂とした道場で皆で坐ると、独りで坐るのとは違って皆の真剣さが伝わってきて集中出来るような気がします。

そういう意味でも静かな道場に来て坐ることをお勧めします。
 

 


自分は道場を一歩出ると、携帯電話を常に手離せず騒がしい職場か、やんちゃ盛りの二人の子どもの相手をしている家にいるのが殆どで、静けさとは無縁の生活をしています。

本来は家でも時間を作って坐るべきなのですが、出来ていないため、今は道場で坐る時間を大切に過ごしています。

今月からは剣道の稽古も再開するので皆に会えるのは楽しみですが、4ヵ月近く稽古を休んだツケがコワイ……

 

魁星記(中央支部

posted by ただいま禅の修行中 | 10:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする