ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< フランスには、学ぶべきところもありそうだ−瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | 横浜支部に入会して >>
座禅合宿の効用

五葉塾塾生の富嶽です。

会社のブログに一週間坐禅会について書かせていただきました。

https://ameblo.jp/shiny-tokyo/entry-12612374399.html

 

障害をお持ちの方の就労をサポートすることを仕事としていて、ご利用者さんからブログの感想をいただきました。

 

「お坊さんだったんですね!」

「ち‥、違います」

「でも、ああいうの良いですね。私も参加したくなりました」

「いつでも来ていただいて大丈夫ですよ」

 

どこまで本音か、はたまた社交辞令かわかりませんが、日常から離れた「非日常の空間」に身を置くことで心身ともにリフレッシュできるという点でも座禅合宿は良いと思ってます。

 

道場は緑豊かで朝は鳥が囀り、

風がそよげば小枝が重なる音が心を癒します。

 

禅堂で座禅をしていると、慌ただしい日常からほんのひと時、時が緩やかに流れている空間がそこにはあるように感じることがあります。

 

坐ることで根源的な生きる喜びを感じたり、普段はあまり意識することのない呼吸や身体との対話が生まれます。

 

ブログに書いたとおり、私は「心を鍛える」為に座禅を始めたところがありますが、座禅を通して受ける恩恵は「癒し」であったり、考え方の「とらわれ」からの解放であったり、ふとした日常の喜びを感じられる感性を磨かせてもらったりと、多くのものをいただいている気がします。

 

また、共に坐る仲間がいるということで「寂しさ」と無縁の生活が送れているということは、現代社会においてとてもありがたいことのように思います。

 

何が楽しくて坐るのか。

 

一般の人にはなかなか分からないところがあるかもしれませんが、座禅合宿にはそんな効用かあるということを、ほんの少しでも感じていただければ幸いです。

 

写真の花は、先日の茶席の床の間に飾られた、

菊芋と細矢羽薄(ホソヤバネススキ)

 

富嶽拝 中央支部 #青年部

posted by ただいま禅の修行中 | 22:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする