ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 横浜支部に入会して | TOP | 「子連れ摂心の頃」〜 禅と私 〜 >>
久しぶりの山小屋−瞬時・瞬時を切に生きる

摂心の準備と後始末で7月は山小屋に行けず、久しぶりに訪れた。

豪雨のため道路沿いの溝に枯れ木がたまっていた。

掃除だ。

空模様同様、コロナが思わしくない。

せっかく静座会再開で2ヶ月過ぎようとするが、会場が使えなくなる可能性もある。

昨日は3人集まった。

こんな時こそ座りたい人もあろう。

手元の数字は悲観的なものだが、少し活動の自粛も見られるので一週間後に期待する。

 

木戸開善(神戸禅会

posted by ただいま禅の修行中 | 17:00 | 神戸禅会 | comments(0) | - |
コメント
コメントする