ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 思わぬところで禅に出会う−瞬時・瞬時を切に生きる | TOP | コロナ禍に思う#2 大切な何かに気づく機会 >>
「合掌」が破れないで「機会」を打つ 〜小川忠太郎先生剣道話(59)〜

きょうは、みんながお互いに稽古をする際の事を、ひとつ注意しておく。

剣道はまず、「気剣体の一致」が出来なくてはいけない。
それは、切り返し・掛かり稽古をしっかりやれば得られる。これは三角矩の中段の構え。

この「本体」に相手が来れば、相手との間に「関係」が生じる。地稽古(注1)の場合、相手と自分が一つになる。

だから「合掌」だよ。合掌の気持ちで相手に対する。敵じゃない。「相手と一つ」だからな。

間合いが遠くの時はいい。近くに来ると「打とう」という気持ちが出て、この「合掌」が破れちゃう。そこが問題なんだ。

「打とう、突こう」という気持ちがあってもいいんだ。打つべき時、突くべき時ならね。
「機会」というものがある。「合掌」が破れないで、そういうものがあるならいい。つまり、本体が崩れないことが大事だ。

これは、修行して自得する。自分で持っているものだからね。

一足一刀の間合に入ったら、「乗る」こと。剣道は、乗るか乗られるかだ。


この一足一刀の間合から、自分が主導する立場に立たなければいけない。
相手が打とうとする時、一緒に何かしようとしない。これは、無刀流の形の「引き身の本覚」にある。相手が打とうとするところを「パッ」と。これをひとつ研究する。

これを「機先を制する」という。「パッ」と。これを「張り技」という。

(中略)

「張り技」。これは稽古で覚える。〇〇さんなんか、だいぶいいよ。これをひとつ覚えたら、稽古が楽になる。
きょうは、これだけ話しておく。「機先を制する」(注2)。

注1)
防具を付けて竹刀を持った者同士による真剣勝負の繰り返し稽古。
注2)
本文冒頭の「合掌」と最後の「機先を制する」は別のことではない。合掌の気持ちで相手に対し、相手と一つになる。一足一刀の間合に入ったら「乗って」パッと「機会」を打つ。これすなわち「機先を制する」ことであると、先生は言われている。「機先を制するは充実にあり」とも言われた。

昭和57年2月14日
宏道会剣道場述
(『小川忠太郎先生剣道話 第一巻』より)
*タイトル、構成、注……栗山令道 中央支部 #剣道部 #宏道会

posted by ただいま禅の修行中 | 08:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする