ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
<< 茶の湯の現状(2)|再録「禅と茶道」 輯熙庵内田慧純老禅子 | TOP | 最近のTVからー瞬時・瞬時を切に生きる >>
結願は旅程絞りぬ麦の秋 温雄|四季折々(15)

結願は旅程絞りぬ麦の秋  井内 温雄

 

全行程千キロを超える四国八十八か所巡礼での句である。

一度では到底回り切れないから、何回かに分ける。

今までは「先は長い。」とばかり多少緩みがあったかもしれない。

しかし今回は違う。

行き残したお寺をすべて回りきる旅だ。

そこで、道筋、日程をギュッと絞り込み、念入りに計画を立てた。

「絞りぬ」で結願を迎える強い気持ちを表した。

麦の収穫のように、大きな功徳があるに違いない。

(「俳林」14号より)

 

飯田幽水(中央支部) #俳句

 

posted by ただいま禅の修行中 | 15:00 | 中央支部 | comments(0) | - |
コメント
コメントする