ブログ内検索
人間禅での修行を実社会でどう生かしているのか。変化の激しい日々の暮らしの中で、どのように平穏な心を保つ精進を心掛けているのか。未熟ながら修行中の者が考えてみました。我々が日々学んでいる文献等については、「人間禅」のホームページをご参照ください。https://ningenzen.org
検事と禅(その5)

検事&禅(その5)

 

犯罪者を受け入れる

検察官の心構えとして、この「人を憎まず」ということができなければ、犯人を反省悔悟させることはできない。先ほど、「親心」と言ったが、それは仏教でいう「慈悲」と言い換えてもよいであろう。

老師の言葉を借りていえば、相対の世界にいる限り、自と他が分かれ、相手との比較がでてくる。しかし、これを、坐禅、数息観によって三昧になり、相対から絶対に行けば、自他のあぜが切れて、他人を我が面と見ることができるようになる。これは、検察官だけでなく、社会が犯罪者と接する時にも同じことである。

犯罪者は、罪を償い終わると、いずれ社会に復帰する。そのときに、あの人は殺人者だから、怖い人だ、近くにいてもらっては困るということになると、社会に復帰することはできない。結局居場所がなくなって、また罪を犯すということになってしまう。

保護士の仕事は、刑を終えて社会に復帰した犯罪者の更生を支援することである。ある保護司の方は、口では、地域みんなで仲よくという言葉をよく口にするが、その中には受刑者は含まれていない、犯罪者であるとわかると部屋を貸してくれない、仕事も首になるということを言われたことがある。

 

善福寺公園の桜

 

「罪を憎んで人を憎まず」、この言葉通りにやることは、非常に難しい。自分が禅の修行をし、数息観をすることで道力をつけ、さらに参禅弁道によって道眼をひらくことによって、衆生本来仏なり、自分の中に仏がいる、だれもが本来の面目である、しかし、その本来の面目が雲に覆われているということに気付かなければ、それを取り除こうとすることはできない。いつまでも欲望に振り回され、ひいては犯罪者になってしまう。

他方、犯罪者を憎み続けていては、「他人をわが面とみる」ことができない、これも五蘊にとらわれているということになる。

「人を憎まず」というのは、口で言うのは簡単だが、実際にそれを行動や態度で表すということまでいくには、やはり、原点に戻って「衆生本来仏なり」「他人をわが面とみる」ということが単に頭ではなく、肚の底からそれが体得できていないと無理であろう。

最近、少年院や刑務所で、受刑者に、瞑想、「マインドフルネス」を矯正教育の一環として取り入れはじめている。新聞報道では、アメリカの刑務所では、「瞑想」を取り入れたことで、再犯率が半分に下がったケースもあるということが紹介されている。

瞑想は、結局のところ、坐禅そのものであり、日本の禅の教えが、刑務所でも取り入れられているということである。

これまでは、犯罪者を追及する検察官の立場であったが、これからは、弁護人として、刑事事件に携わりつつ、かつ禅者の立場から、「罪を憎んで人を憎まず」、この言葉を肚の底におきながら、犯罪者の更生にも力を入れていきたいと思っている。(終わり)

 

香水(東京荻窪支部

posted by ただいま禅の修行中 | 11:13 | 東京荻窪支部 | comments(1) | - |
検事と禅(その4)

検事&禅(その4)

 

「罪を憎んで人を憎まず」

検事になった当初は、犯罪者はどこか自分とは遠い人、自分の住んでいる世界ではない遠い世界に住んでいる人、検事として犯人を追及する側と犯罪者として追及される側との間には大きな溝があると思っていたが、実際に調べを通じて犯罪者と向き合うようになって思うことは、「犯罪者は決して特別な人たちではない、検事と犯罪者の差は紙一重でしかなく、自分もひょっとしたら犯罪者になったかもしれない。」ということである。

これまで運よく犯罪に手を染めないで生きてこられたが、もし、別の時代、別の親、別の環境に育っていれば私だって殺人者になったかもしれない。たとえていえば、塀の上を歩いている状態で、少し体がゆれて足をふみはずして、刑務所の塀の中に入ってもおかしくないと感じるようになった。

幼少時に満足な食事が与えられない、毎日空腹であった、そのために盗みをするようになり、そのうち強盗までするようになった。あるいは親から暴力を受け虐待を受けてきた、そのために大人になって、今度はわが子に暴力をふるってしまったという場合がある。空腹のためにパン1個を盗んで刑務所に入ったレ・ミゼラブル「ああ無情」の話しのとおりである。

また、犯罪は、いろんな要素が重なり合って実現する。さまざまな諸条件が重なり合い、犯罪という結果を引き起こす。仏経でいえば、因果、あれなければこれなし、縁起といってもよい。

検事も犯罪者も同じ、自分もそうなるかもしれないと思うからこそ、調べをしながら思うのは、二度とこのようなことをしてほしくなく、このようなところに来てほしくないということであった。犯してしまったことは悪いことであり、罪の償いをしなければならないが、やったことをしっかり反省し、もう二度と同じ過ちを繰り返さないでほしいと心から願う。そのためには、時には厳しく叱責、般若の顔をして怒ることもあるが、決して憎んでいるからではなく、むしろ逆に親心からであった。

 

清明庵の前の善福寺公園。摂心の朝のラジオ体操はこの池の前で行う

 

「罪を憎んで人を憎まず」 この言葉の由来は、「孔叢子」(こうぞうし)刑論にある孔子の言葉「古之聴訟者、悪其異、不悪其人」(犯した罪は憎むべきだが、その人が罪を犯すまでには事情もあったのだろうから、罪を犯した人そのものまで憎んではいけないという教え)にある。聖書(ヨハネ福音書8章)にも「罪を憎んでも人を憎まず」という言葉があり、同じ意味と解釈される。

 江戸時代の大岡越前や時代小説「鬼平犯科帳」には、盗賊を捕まえて厳しい処罰を与えながらも、一方で温情を与える人情味豊かな主人公が描かれており、日本社会では、比較的浸透している言葉であろう。

我が国の刑事訴訟法には、「起訴猶予」制度といって、罪を犯したことが明らかでも、犯情や年齢等を考慮して起訴しないことが許されているが、これも、一つの「罪を憎んで人を憎まず」という考え方の現れといってもいいかもしれない。(つづく)

 

香水(東京荻窪支部

posted by ただいま禅の修行中 | 05:20 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
検事と禅(その3)

検事&禅(その3)

 

仏典に登場する犯罪者アングリマーラ

ブッダの弟子の中に、以下のような、残忍な盗賊アングリマーラという犯罪者がでてくる有名な逸話がある。

「あるところに、アングリマーラという残忍な盗賊がいた。彼は、人々を殺して、殺された者の指で作った首飾りをつけていた。話しでは、999人を殺して、ブッダが千人目とある。そのアングリマーラがいる村へ托鉢に出かけたブッダが、周囲の人が盗賊に殺されるから行かないようと止めたが、黙って進んだ。

アングリマーラを何等恐れていないブッダの姿を見て、ブッダに弟子入りを願って許される。その後、ブッダの弟子として修行を続け、立派な長老になっていった。」

清明庵の入口。誰をも受け入れる禅道場

 

以上の話は、凶悪な犯罪者でも改心すれば仏になれることを教えるためと言われるが、私が注目したのはこの後の部分である。

「しかし、あるとき托鉢に出たアングリマーラは、町の人から石や棒を投げられ、体にあたって血が流れ、服もぼろぼろになった姿でブッダの元に戻った。これは、かつてアングリマーラによって殺された親族たちによるものであった。その姿を見ていたブッダは、『忍受せよ、そなたがその行為の果報として何年、何百年、何千年、地獄で苦しむであろう。その行為の果報を現在に受けているのだよ。』と言った。」(原始仏典「中部経典」径茖牽況弌―媾社 中村元監修 参照)

罪を犯したこと自体は、自分の欲や我に取りつかれ、五欲七情に振り回された結果であり、決して許されることではない。ブッダも、アングリマーラが遺族から石や棒で殴られることを「受忍せよ」と言っているということは、罪を償う必要があると示している。

現代社会においては刑罰でもって罪を償う必要がある。

刑罰には、抑止力があると言われる。殺人を犯したら懲役〇年、無期、死刑になりますよ、だからそのようなことはしてはいけません。要するに、殺人を犯しても、何も得なことはありませんよ、だからやめましょうということである。しかし、これでは、社会におけるルールであり決まり事であって、道徳や徳目に類するものとなってしまい、なぜ本当に罪を犯してはいけないのかの理由にはならない。

禅的な見方をすれば、欲望や執着心に取りつかれ、五欲七情に振り回された結果、雲に覆われて本来の自分を見失ってしまった、そのことに気づかせる必要があるからこそ刑罰が必要だといえるのではないだろうか。(つづく)

 

香水(東京荻窪支部

posted by ただいま禅の修行中 | 05:02 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
検事と禅(その2)

検事&禅(その2)

 

人間は生まれながらに共感力を有している

人間には、生まれながらに他者に共感できる能力を有しており、このことは、「社会生物学」における研究結果からも裏付けられている。

乳幼児の社会性の発達に関する最近の研究によると、生後6か月の赤ん坊でも、困っている他人を助ける個体と意地悪な個体とを区別し、後者よりも前者を好むことが明らかにされている。

また、ヒトが他者に対して協力的に振舞うことの基本に、「共感」という感情があるが、共感の脳神経基盤について、以下のような研究結果が判明している。

他個体が痛みを感じているのを見ると、自分も同じように痛みを感じる。これを「情同伝染」といい、これはネズミでも見られるが、ヒトの場合は、他人が第三者からいじめられる、悪口を言われるといった、いわば「社会的な痛み」を感じているのを見たときにも同様に「痛み」を感じる。このときに活性化する脳部位は、単なる「情同伝染」ではなく、高度な情報処理にかかわる「前頭葉」が活動しており、これが「認知的共感」と呼ばれている。「認知的共感」とは、自己と他者は別であることを認識し、自分に起こったことではないことを承知した上で、他者の状態を想起し、同情するというもので、ヒトをヒトたらしめている能力であると言われている。この前頭葉の一部に、先天的あるいは後天的に大きな損傷がある人は、一般の人々と同じようには共感を感じとれず、連続殺人犯などの殺人者の脳は健常者のそれと比較して前頭前野が明らかに不活性であることも脳の画像結果から明らかにされている。

清明庵前の善福寺公園に聳える木

 

このように、人間は生まれながらに他者に共感できる能力を有しているのだが、成長するにつれて、さまざまな欲望や執着心が芽生え、それらの雲に覆われて本来の姿を見失ってしまうのである。(つづく)

 

香水(東京荻窪支部

posted by ただいま禅の修行中 | 09:43 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |
検事と禅 (その1)

検事&禅(その1)

                   

人はなぜ罪を犯すのか?

人は何故、罪を犯すのだろうか。ある人が憎い、殺してやりたいとい気持ちがあったとしても、通常であれば殺害行為には及ばないが、中には、一線を越えて殺人を犯してしまう人がいる。どうなれば一線を越えてしまうのか、なぜ犯罪者になってしまうのか・・・

清明庵茶室の中川香水禅子(東京荻窪支部長・元検事)

約30年弱の検事人生の中で、さまざまな犯罪者と向き合ってきた。殺人、強盗、強姦などの重罪から傷害、窃盗などの軽犯罪、覚せい剤、大麻密輸などの薬物犯罪、脱税、贈収賄などの経済事犯。暴力団組員もいればサラリーマンや万引を繰り返す主婦もいる。

犯罪にいたる原因もさまざまである。金銭欲、性欲などの欲望による犯罪、怒りや憎しみからの犯行、相手を愛するがあまり生じる支配欲求など新聞やワイドショーなどの犯罪ニュースで報道されるとおりである。

これらは、全て人間の欲望、執着心に基づくものである。欲望に振り回され、それに支配され、周囲が見えなくなる、いわば欲望にのっとられた状態といってもよい。自分の欲望のためには相手が傷つこうが、苦しもうが全く意に介さない。常に「自分」のことしかなく、自分以外の他者への尊重ができなくなってしまう。

ある性犯罪の被疑者に、「もし自分の母親が、妻が、娘が同じような被害に遭ったらどう思うか。」と聞くと、「犯人を絶対に許せない」と言うが、自分が犯罪を行っている時には、そんなことを一切忘れてしまっている、それほど欲望に支配されている、禅の世界でいえば、「我」「五欲七情に支配された」状態といえる。

生まれながらの犯罪者という人は一人もいない。どんな親もわが子の幸せを願っているし、ましてやわが子を犯罪者にならせようと思う人などいない。

白隠禅師の坐禅和賛の冒頭にあるように、「衆生本来仏なり」、生まれたときは、みな仏である。自分の中に仏があるように、相手にも仏がある、自分がオンリーワンで大切であるように、相手もオンリーワンで大切である。相手の苦しみや悲しみが自分の苦しみや悲しみであるということに気付きさえすれば、相手を傷つける行為には及ばないはずである。(つづく)

 

香水(東京荻窪支部

posted by ただいま禅の修行中 | 10:44 | 東京荻窪支部 | comments(0) | - |